Video 30 Sep 1,536 notes
Photo 30 Sep 858 notes aplacetolovedogs:

judygabbai:
this just made my day

aplacetolovedogs:

judygabbai:

this just made my day

Photo 30 Sep 82,680 notes onlylolgifs:

Unlocking every iPhone at once

onlylolgifs:

Unlocking every iPhone at once

Photo 30 Sep 796 notes aplacetolovedogs:

Besties 
Visit our poster store Rover99.com

aplacetolovedogs:

Besties

Visit our poster store Rover99.com

Video 30 Sep 882,973 notes
Video 30 Sep 2,231 notes
Quote 30 Sep 2,149 notes

4年の放浪の果て、男は息子と一緒に女を捜しはじめる。
そしてヒューストンの下町の「のぞき部屋」で彼女が働いているのを見つける。
男は、女とそこで客として再会するのだ。
愛を復活させないように心を閉ざして、ストイックに再会するのだ。

「のぞき部屋」では客側から女を見ることが出来ても、向こうからは客の姿が見えない。
つまりはマジックミラー。
暗い方から明るい方を見ることはできるが、逆に明るい方から見るとガラスは鏡になっていて暗い方を見ることはできない。
写るのは自分の姿だけ。
向こうからは決して男の姿は見えない。常に一方通行。
声がマイクを通じて伝わるだけだ。


男は、ある友人の話として男と女の話を語る。
女は途中で話しているのが誰だか気がつく。
男は女の部屋の明かりを消させ、自分の顔に明かりを当てる。
女はマジックミラーの向こうに男の姿を見る。
そして逆に、男は女の姿を、見失う・・・。


名人ヴィム・ヴェンダーズはこのシーンだけで「男と女の愛とは何か」を描ききった。
いままで何千という映画が苦労して描いてきた、男女の愛のすれ違い、男と女の距離感、そして「愛のように見えたものの姿」を見事に象徴してみせたのだ。たった一場面で。


マジックミラーには自分の顔が写っている。
ぼんやり見える女の顔に重なって、自分の顔だけがはっきり見える。
なんてすごい場面だろう。
男の、女への「愛」を象徴するかのようだ。


相手への愛のように見えたもの。
それは「自分への愛」なのだ。

女を愛していたように見えて、男は「自分を愛していた」のだ。
自分が可愛かったのだ。
自己愛であり自己憐憫でありエゴなのだ。
愛している自分、愛しすぎている自分を愛しているのだ。
自分が嫉妬する分だけ、相手にも嫉妬して欲しいのだ。
自分が好きな分だけ、相手にも好きを求めるのだ。
自分が苦しんでいる分だけ、相手にも苦しみを与えたいのだ。
相手が傷つくことより、自分が傷つかないことの方に本当は関心があるのだ。

そう、それは自己愛にすぎない。

ボクたちは、わりと気軽に「愛」を口にする。
でも、それは決して相手のためではない。
自分のためなのだ。
そもそもそのレベルの愛とは、すべて自分のためだけのものなのだ。

— 「パリ、テキサス」|座右のシネマ (via handa) (via gkojay) (via urza358) (via konishiroku) (via fialux) (via axl5727) (via darylfranz) (via indivi) (via yksk) (via reretlet) (via mcsgsym) (via petapeta) (via lovecake) (via sakimura) (via yaruo) (via yaruolikes) (via yaruo)
Quote 30 Sep 521 notes

当然ですが、同じ映画を見ていても、見えているものはひとりひとり違います。上記の「映画ならではの人物描写」を含めて「自分には見えたもの」の感動を伝えるのが、面白い映画評とそうでないものを分かつ境界線と言えるでしょう。

要注意ワードは「深い/浅い」です。あと「薄い」。

これは、責任とか自分とか言ったものからものすごく遠い単語です。深い/浅いは具体的にどうだったのかを全く述べないときに使われる、印象批評では下の下の下下々の下ぐらいの単語でしょう。テーマが深い。よござんす。しかし、「どう」テーマが深いのかを書くのが文章というものの機能なのであって、それをきちんと書けている人はわざわざ「深い/浅い」とは書きません。つまり「深い」と書くのは馬鹿です。要するに何も考えてないということのぶっちゃけというか告白なので、その文章の知性を駄目な方向に数ランク引き下げたいのだったらがんがん使うべきです。

あと「感情移入」できない。これはてブのコメントで教えてくれた人がいましたが、確かに映画評としては使ってはならない単語ベストワンぐらいに位置する最悪バカワードではあります。「感情移入できないのでだめ」確かにこれはまずい。非常にまずい。言ってしまったらあしたから白眼視されるのを恐れたほうがよいでしょう。なぜなら、映画の機能として、観客を登場人物に感情移入させることは、まったく重要ではないからです。現にわたしは感情移入しないで大抵の映画を見ています。

Photo 26 Sep 3,493 notes

(Source: kittiezandtittiez)

via PETAPETA.
Quote 26 Sep 431 notes
さてフランスの結婚。申請に必要な書類は、

 出生証明書、

 慣習証明書、

 独身証明書、

 婚前診断書(=健康診断書)、

 居住証明書。

 ここらへんがとりあえずの基本セットだ。
 とりあえずと留保したのにはワケがある。必要書類が自治体によって違うのよ。これ以外にも必要とされる書類がある、場合もある。
 結婚を決めたらまずは役所に行って、「結婚申請に必要な書類のリスト」という書類をもらうところから始めるそうだぜ。

 しかも、フランスの役所ってのは本当にクソッタレだから、こういう書類を入手するのに、いちいち時間が掛かる。2、3ヵ月待たされるなんてのはザラよ。

 次に、結婚の公示ってのがある。役所の前に、こいつら結婚するけど異議はねえかと一定期間、書類を張り出すのよ。

 でもって、その次に役所の担当者によるインタビュー。これはあったりなかったりするようだが、どこで出会ったとか、いろいろ聞かれるわけだ。偽装結婚を防ぐためらしい。

 さらに加えて、役所で結婚式を必ずやらなきゃなんねえ。それぞれの役所の中に専用の部屋がちゃんとあるのよ。

 まずは市長のアポを取る。
 指定の時間に本人たちと証人が出向く。証人の数ってのがまたそれぞれ違って、2人だったり4人だったりするようだ。
 で、市長から直接意思を確認される。その上でようやく結婚が認められる。
 これは例外なしで、病人だったら市長が病院まで来るんだとか。
 フランス語を理解出来ないようだったら、法定通訳を立てなきゃなんねえ。

 その上で、教会での挙式がしたけりゃ勝手にどうぞ、ってことになる。このへんは日本でも同じだな。
 ヨーロッパでも、スウェーデンなど国によっては、教会で結婚式を挙げれば自動的に役所の手続きも終わるらしいが、フランスではそうはいかねえ。
 この教会の手続きがまた大変で、なんで結婚するのかといった聞き取り調査はやっぱりある。当日のミサも3~4時間に及ぶこともあるとか。

 で、たいていのフランス人は披露宴というか結婚パーティもやるから、つまりは3回のセレモニーをこなすことで、ようやく一連の儀式が終わるってことらしい。


 とまあ、結婚にはなんとも七面倒くさい手続きが必要になる。
 しかし、離婚はもっと、輪をかけて面倒くさい。

 そもそもフランスでは、なんと1975年に法律が改正されるまで、協議離婚が禁止されていた。
 結婚式で「病めるときも健やかなるときも……死が二人を分かつまで、愛し慈しみ貞節を守ることを誓います」って言うだろ?
 あれは伊達じゃないのよ。カトリックてのは家族制度に関しちゃ厳格で、離婚を認めてねえ。
 神の前で誓った約束を破るなんてのはもってのほかよ。

 その協議離婚ってのは何かっていうと、夫婦で話し合って同意すれば、それで結婚を解消できるというタイプの離婚。
 要するに、互いに相手のことが好きじゃなくなったから、性格が合わないから別れたいです、ってなヤツよ。
 ちなみにそれ以外の離婚ってのは、たとえばドメスティック・バイオレンスがひどいとか、不倫だとか、やむにやまれぬ理由がある場合の離婚とかだな。

 1975年って言えば、たかだか30年かそこいら前。まだ最近だよな。
 そんな最近まで認められないくらい、離婚ってのは重いタブーだったのよ。
 協議離婚が認められるや、年間4万件だった離婚の数が10万件に跳ね上がったそうだぜ。


 だが、話はそれだけじゃあ終わらねえ。
 知っての通り、日本の協議離婚は離婚届を出すだけだ。
 ところがフランスでは、1975年に協議離婚が認められてからも、離婚をするためには必ず裁判をしなけりゃならなかったのよ。

 裁判にはもちろん、たくさんの書類が必要だし、証人による証言も必要だ。カネもかかる。
 たとえば、別居が続いていることの証明をしなきゃならねえ。いざ離婚をしようと思い立っても、まずは書類で証明できるような「正しい別居状態」を作って数年は維持する必要があるわけよ。そのあと裁判になって、まあ1年くらいはかかるわな。計2年くらいは少なくとも見とかにゃならんらしい。
 しかも、野郎のセックスが弱いからだ、いいやアイツが家事をしねえからだ、なんていう中傷合戦に陥ることもしょっちゅうだと聞くぜ。こりゃ大変だわ。

 2007年からはようやく、両者の合意ができてる場合は公正証書を作れば離婚できるようになったらしい。
 裁判所に出頭して手続きをしなきゃイカンという点では変わりねえがな。


 てなわけで、フランスでの結婚と離婚がどんだけ面倒くせえものかは、わかってもらえたかな?
 それでいて、事実婚でも、税制上の優遇措置なんかは正式な結婚とほぼ変わらない。
 そりゃ籍を入れないカップルも増えるわけだわな。

Design crafted by Prashanth Kamalakanthan. Powered by Tumblr.